お問い合わせはこちら03-5924-1500

痔の治療(大腸・肛門科)

恥ずかしがらずにご相談ください

肛門外科で診療する主な疾患は、痔核(イボ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(じろう)などです。症状としては出血、痛み、肛門の痒み、残便感などがあります。
治療には、保存的療法や手術療法、およびその中間的な治療法などがあり、正確な診断をつけたうえで、最も適切な方法を選択します。
場所が場所なだけに、日常生活に支障があるにもかかわらず、なかなか相談に来られずに、ひとりで悩んでいる方も少なくないと思います。しかし、直腸がん、肛門がんなど、重篤な病気が隠れていることもありますので、恥ずかしがらずにご相談ください。

約80%は手術無しで治る

当クリニックでは、肛門の専門的な治療を行います。多くの肛門専門の医師は大腸に関しても長けており、大腸の検査も施行します。それは肛門出血、下腹部痛、便秘などの症状から痔と思っていた人が、実は大腸がんだったということも少なくないからです。肛門だけでなく、大腸も含めた下部消化管を正確に丁寧に診察し、最善の治療を行います。痔疾患の患者様の約80%は薬による治療や生活習慣、排便習慣の改善で治ります。しかし、薬では根治が難しいと考えられる場合は、手術などによる治療が必要となります。

日帰り手術・短期入院手術 ※本院:寺田病院

当クリニックでは、日帰り手術・短期入院手術を行えませんが、本院である寺田病院で、適応の方には日帰り手術や短期入院手術(術後1~6泊入院)を行っております。日帰り手術は、基本的に局所麻酔および仙骨麻酔にて施行の手術に限ります。
術後の排便に対する不安を取り除くのが入院の大きな目的ですので、日帰り手術を希望される患者様には、術後の排便の注意点ほか、痛みや合併症が起きたときの対処方法などに関する説明をきちんとさせていただきます。

女性医師による女性外来

女性外来とは、ここでは「女性医師による、女性患者様のための専用外来」を意味します。多くの診療科においてもその必要性が叫ばれ、少しずつではありますが、女性専用外来を設置している施設が増えてきました。
特に「肛門科」、「大腸検査」となると、どうしても男性医師だと恥ずかしいということで受診を敬遠してしまい、症状の悪化をたどる方が少なくありません。そんな女性の皆様の悩みを解決するよう、当クリニックでは「女性専用外来」を開設しておりますので、女性医師による診察をご希望の場合は、受付にてお申し出ください。